トピックス

 

2022年03月13日

ドローンを使った物資輸送実証実験のお知らせ(3/14~3/15)

東川町 ドローン物流実験概要【最終】_ページ_03.jpg
“買い物弱者”への生活利便向上の1つとして、ドローンを使った生活物資や医薬品等の物資輸送実証実験を下記のとおり実施いたします。

保安要員を配置するなど安全に十分注意いたしますが、飛行時間帯は
西3号北 ~ 東7号(基線と北1線の間)を1往復いたします。

≪飛行場所 ≫
【離陸地点】             【到着地点 】
東川町農村環境改善センター   ⇔   東川町第三地区コミュニティセンター

≪内容≫
片道約 5.2kmの往復 LTE 回線を用いたドローンによる生活物資や医薬品等の輸送

≪機体≫
石川エナジーリサーチ製“ビルドフライヤー”を使用
物資輸送仕様にカスタマイズすることで 最大 3.0kgまで輸送可能
LTE回線を使用することにより、長距離での自動航行及びネットリモーカメラによる遠隔て現地確認が可能

【実証実験デモ】
3/14(月)
 10:30 飛行確認(駐車場内)
  → 飛行確認後、着陸ポイント組は移動開始
 11 :00 往路飛行開始
 11 :30 復路飛行開始

【実証実験当日】
 3/15(火)
 9:30 飛行確認(駐車場内)
  → 飛行確認後、着陸ポイント組は移動開始
 10 :00 往路飛行開始
 10 :30 復路飛行開始
ダウンロード
東川町 ドローン物流実験概要【最終】_ページ_03.jpg
担当課
保健福祉課社会福祉室
連絡先
0166-82-2111

 

2022年03月11日

3月19日(土)@羽田空港「立正大学×隈研吾事務所×東川町」3者連携事業開催!

3月19日(土)9:00~羽田空港第1ターミナルマーケットプレイスにて、立正大学×隈研吾事務所×東川町の3者によります「1人より3人」産官学連携事業の第1弾を実施します。
コロナ禍により東川町への来町が叶わない中、東川町を学び続けた立正大学学生さんによるリーダーシップキャンプ成果発表会や「東川町と隈研吾」と題した隈研吾さんによるトークイベントが開催されます。
また、1日限りの“東川に出会える店”東川ミーツ@羽田サテライト店がオープン。町内の様々なショップ40店のスイーツやクラフトの販売が行われます。
このような時期でもありますので、無理の無い範囲でご来場ください。
担当課
税務定住課
連絡先
0166-82-2111

 

2022年03月10日

【募集期間延長!】地域おこし協力隊員を募集します(商店街振興支援)【3/25まで】

東川町産業振興課では、東川町の商店街の振興を支援するため、地域おこし協力隊を募集します。

詳しくは添付の募集要項をご覧ください。
応募にあたり不明な点がございましたらお気軽にメールもしくは、電話でお問い合わせください。

皆様のご応募お待ちしております。

 

2022年03月07日

《東川町移住体験》参加者を募集します!

移住体験.JPG
東川町では時代の変化に伴い、都市で働く方々のリモートワーク需要の増加、また生活環境の変化を求めて地方で生活したいと考えている方々の需要に対応し、より一層移住の夢を叶えていただくため、別紙チラシのとおり「東川町移住体験」を開催することになりました!
東川町移住体験は、1年間を東川町で暮らす本格的移住体験です。
ご参加いただくことで、東川町と都市での2地域居住の可能性や東川町の子育て環境の良さをご理解いただけるものと信じております。

詳しくは、チラシをご覧ください。




移住体験期間:1年間(最低3ヶ月)
入 居 日 :令和4(2022)年 5月~7月までの間
受付締切日 :令和4(2022)年 3月13日(日)
募集組数  :3組
申込み方法 :申込用紙に、氏名・住所等の必要事項を記載の上、
     event@town.higashikawa.lg.jp まで、メールをお送りください。

ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております!
ダウンロード
2022_02月移住体験チラシB4_3回目.pdf
ダウンロード
移住体験申込用紙.docx
担当課
税務定住課住まい室
連絡先
0166-82-2111

 

2022年03月07日

マスクを着けることが難しい方への配慮をお願いします

マスクを着けることが困難な方がいます
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染防止対策の一つとして、マスクを着けることが新しい生活様式の一つとして求められています。
マスクを着けたくても障害や病気などさまざまな事情により着けることが難しい方がいます。
また、そのご家族をはじめとした支援者などもマスクを着けることが難しい場合があります。

さまざまな事情
・触覚や嗅覚などの感覚過敏、皮膚炎や呼吸器の病気などにより、マスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったりする
・聴覚に障害があり、相手がマスクをしていると口元や表情が見えずコミュニケーションが取りづらい 等

配慮をお願いします
 多くの人がマスクを着けて生活している中で、マスクを着けていない人を見ると、感染拡大への不安から、「なぜ着けていないのか。」と非難したくなる気持ちが生まれるかもしれません。

マスクを着けていない人を見かけたときは、着けることができない理由があるのかもしれないと想像してみてください。不当な差別や偏見につながることがないよう、冷静な対応と行動をお願いします。

関連リンク
 厚生労働省「マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について」(外部サイト)https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14297.html
参考URL
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14297.html
ダウンロード
わけがありますく(ダウンロード).pdf
担当課
東川町 保健福祉課 (保健福祉センター内)
連絡先
82-2111

 

2022年03月06日

毎月14日は【椅子のお話】東川町デザインスクールを開催します

椅子のお話_3月.jpg
4月14日が「良い椅子の日」として制定されたのを記念し、毎月14日に様々なテーマで「椅子のお話会」を行います。

東川町デザインスクール特別編
「椅子の日に、椅子のお話」Vol.12
一脚の椅子「族長、家長のための椅子」

3月はアフガニスタンのプリミティブな椅子を取り上げ、単純明快で力強い本能的表現に迫ります。どうぞご参加ください。

【とき】2022年3月14日(月)18:30~19:30
【ばしょ】東川町複合交流施設せんとぴゅあ2[多目的室] 
【お話】織田憲嗣氏(椅子研究家, 東海大学名誉教授)
【定員】20名 ※事前予約制(先着順)
【参加】無料
ダウンロード
椅子のお話_3月.jpg
担当課
文化交流課
連絡先
0166-82-2111(764) designschool.higashikawa@gmail.com

 

2022年03月04日

東川町議会第1回定例会について

東川町議会の第1回定例会は、3月7日(月)~14日(月)、会期8日間の予定で開会します。

◎本会議日程
▼3月7日(月) 9:30開会
 行政執行方針、教育行政執行方針、新年度予算提案、補正予算、条例など審議予定

▼3月14日(月) 9:30開会
 一般質問、新年度予算など審議予定

新型コロナウイルス感染症の予防・対策にあたり、
傍聴の際は、マスク着用など感染予防にご協力ください。
また、37.5度以上の発熱が確認されたときは、傍聴をご遠慮いただきますようお願いします。
担当課
議会事務局
連絡先
0166-82-2111

 

2022年03月03日

大学進学助成金等の申請受付について

3月号広報でお知らせしております、東川町独自の3種類の
奨学金の申請受付を開始しております。

詳しくは3月号広報及び別添チラシをご覧いただき、大学等へ
進学される方は申請漏れのないよう、ぜひご利用ください。

 

2022年03月02日

小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン(1回目・2回目)の接種開始日程について

小児(5歳~11歳)新型コロナワクチンの接種開始日は3月24日(木)を予定しております。
以降、毎週木曜日の接種予定です。接種券(接種券一体型予診票)は準備ができ次第、発送いたします。
これに伴い、12歳以上の1回目・2回目接種の方及び3回目接種の方で10代・20代の男性でファイザー社ワクチンを希望する方は月曜日のみの接種となりますのでご了承ください。
担当課
保健福祉課保健指導室
連絡先
0166-82-2111(内線505・506・507)

 

2022年03月01日

消費者行政に関する首長表明について

 近年、高度情報化や少子高齢化の進行等により、消費者を取り巻く環境は大きく変化しています。消費者にとっては商品や選択の幅が広がり便利になる反面、消費者問題も複雑・多様化し、手口も巧妙化しています。
 東川町では、消費者被害の未然防止を図るため、旭川市他関係7町の「定住自立圏の形成に関する協定」により消費生活相談体制整備や地域における消費者被害防止ネットワークづくりの促進を行っております。また、広報・防災行政無線を使った注意喚起や、出前講座の実施など消費者の正しい選択に繋がる情報を積極的に提供しています。
 今後も、町民の皆様の安全・安心な消費生活の実現を図るため、継続的に消費者行政の充実・強化に取り組んでまいります。
担当課
税務定住課住民室
連絡先
82-2111(112)

 

2022年03月01日

映画「カムイのなげき(仮)」 2022 年夏出演者募集・オーディションのお知らせ

カムイのなげき(表紙画像).jpg
2022年7月から8月にかけて、北海道で映画「カムイのなげき(仮)」の撮影が行われます。
この映画は、アイヌ文化を初めて日本語の文章で表現した、知里幸恵さんの実話をモチーフにして、明治から大正期のアイヌの人たちを描く物語です。

監督は、映画「写真甲子園 0.5 秒の夏」で自然豊かな東川町を舞台に、若者たちのひたむきな姿をみずみずしい感覚で描いた菅原浩志監督です。
「写真甲子園 0.5 秒の夏」に続き、東川町がさまざまな団体などと連携し、ALL 北海道で作り上げていく作品です。




◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

作品名:「カムイのなげき(仮)」(劇場用一般映画)
監督:菅原浩志
撮影期間:2022年7月~8月(1ヶ月程度)
撮影場所:撮影拠点の東川町と周辺地域・札幌周辺ほか
映画の設定:明治・大正時代の北海道
映画の舞台:アイヌのコタン(集落)・町・学校・番屋・飯場ほか

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

●出演者(キャスト・セミキャスト)募集
今回の映画「カムイのなげき(仮)」の撮影にあたって、北海道在住の出演者を広く募集します。

★キャスト:「警察官」とか「教師」「主人公の同級生」など、〈セリフのある役柄〉で出演。
★セミキャスト:「生徒たち」「村人たち」など、その他大勢ですが〈芝居が必要な役柄〉で出演。
~演技経験がない方も大歓迎です。

●オーディション
出演希望の方は応募の後、下記の日程でオーディションを開催します。(事前審査・選考あり)
~オーディションは面接形式で、短いセリフや演技といくつかの質問をさせていただきます。

★東川町
日付:4月23日(土)9:00~20:00 の中で指定した時間20分ぐらい
会場:詳細は選考された方に連絡・通知いたします。

★札 幌
日付:4月24日(日)9:00~20:00の中で指定した時間20分ぐらい
会場:詳細は選考された方に連絡・通知いたします。

※詳しくは、添付PDF内の【募集する配役】【応募条件】【出演に関して】【応募方法】をお読み下さい。
ダウンロード
「カムイのなげき(仮)」オーディション告知要項.pdf
担当課
東川スタイル課
連絡先
0166-82-2111
  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ