トピックス

 

2020年07月14日

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療の減免制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者等の収入が減少する見込みの世帯や、主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病を負った世帯を対象に、申請により国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療の減免を実施します。

■国民健康保険料の減免

1.保険料の減免の対象となる世帯
【全部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯

【一部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者等(国民健康保険加入者のうち1名)の収入減少(※)が見込まれる世帯

※収入減少の具体的な要件
(1)主たる生計維持者等のいずれかの収入額(事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入)が、前年の当該収入額の3割以上減少する見込みであること
(2)主たる生計維持者の前年の合計所得額が1000万円以下であること(主たる生計維持者以外が申請する場合は、主たる生計維持者の前年の合計所得額が400万円以下であること)
(3)収入減収が見込まれる収入以外の所得の前年の合計所得額が400万円以下であること

2.対象となる保険料
  令和2年2月1日~令和3年3月31日に納期限が到来する保険料

3.保険料の減免額
  減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額
  A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額
  B:世帯の主たる生計維持者等の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
  C:主たる生計維持者等及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得額
  D:主たる生計維持者の前年の合計所得金額に応じた下記の減免割合
    ①主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合   全部
    ②300万円以下の場合               全部
    ③400万円以下の場合             10分の8
    ④550万円以下の場合             10分の6
    ⑤750万円以下の場合             10分の4
    ⑥1,000万円以下の場合            10分の2

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■介護保険料の減免

1.保険料の減免の対象となる被保険者 ※介護保険第1号被保険者(65歳以上)
【全部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号(65歳以上)被保険者

【一部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる第1号(65歳以上)被保険者

※収入減少の具体的な要件
(1)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者のいずれかの収入額(事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入)が、前年の当該収入額の3割以上減少する見込みであること
(2)主たる生計維持者の収入減収が見込まれる収入以外の所得の前年の合計所得額が400万円以下であること

2.対象となる保険料
令和2年2月1日~令和3年3月31日に納期限が到来する保険料

3.保険料の減免額
  減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額
  A:当該第1号被保険者の令和元年度6期及び令和2年度保険料額
  B:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
  C:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額
  D:主たる生計維持者の前年の合計所得金額に応じた下記の減免割合
    主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合   全部
    ①200万円以下の場合               全部
    ②200万円超の場合                10分の8
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■後期高齢保険料の減免

1.保険料の減免の対象となる被保険者※後期高齢者医療第1号被保険者(75歳以上)
【全部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号(75歳以上)被保険者

【一部減免該当】
 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる第1号(75歳以上)被保険者

※収入減少の具体的な要件
(1)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者のいずれかの収入額(事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入)が、前年当該収入額の3割以上減少する見込みであること
(2)主たる生計維持者の収入減収が見込まれる収入以外の所得の前年の合計所得額が400万円以下であること
(3)主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること

2.保険料の減免額
  減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額
  A:当該第1号被保険者の令和元年度6期及び令和2年度保険料額
  B:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
  C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した前年の合計所得金額
  D:主たる生計維持者の前年の合計所得金額に応じた下記の減免割合
    ①主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合   全部
    ②300万円以下の場合               全部
    ③400万円以下の場合               10分の8
    ④550万円以下の場合               10分の6
    ⑤750万円以下の場合               10分の4
    ⑥1,000万以下の場合               10分の2
ダウンロード
申請書‐.pdf
ダウンロード
申請書(記載例).pdf
ダウンロード
判定フロー.pdf
担当課
税務定住課収納室または大雪地区広域連合総務室
連絡先
0166-82-2111

 

2020年07月13日

「東川発!ー想いをのせてーポストカード展」参加者募集!

ポストカード展チラシs.jpg
写真の町ひがしかわオリジナルポストカードを作って大切な人にお届けしませんか?
みなさまの近況を伝えたり、元気が出るような写真を撮影してその場でオリジナルポストカードを制作し、
メッセージを書いて大切な家族やお友達に元気な姿をお伝えしてください。
また、ポストカードは会場内で展示も行います。
みなさまと想い出になるような時間を一緒に過ごせることを楽しみにしております。

日時:2020年8月8日(土)・9日(日)10:00〜15:00
場所:せんとぴゅあⅡ 多目的室(東川町北町1-1-2)
参加対象:小学生以上の東川町内在住の方 *一日限定40人(組)/二日間で80人(組)
参加料:無料 *ポストカードはお一組さま6枚・うち1枚はメッセージを書いて展示します。

【お申し込み方法】
お電話でお申し込みください。
お申し込み時に下記をお伝えください。
①お名前 ②ご住所 ③ご連絡先 ④ご年齢
⑤10:00〜15:00の間でご希望の時間帯(一時間ごと)  
*お申し込みいただいたお時間が撮影時間等により前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込み〆切:7/22(水)

【お申し込み・お問い合わせ先】
東川町写真の町実行委員会 写真の町課
担当:阪部・吉里
電話番号:0166-82-4700
*お申し込みは先着順とし、定員になり次第〆切とさせていただきます。

【お願い】
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご参加について、下記の通りお願いをいたします。
・当日、発熱や体調不良などの症状のある方はご参加をお控えいただく場合がございます。
・せんとぴゅあ入館時、入口での手指の消毒をお願いいたします。
参考URL
https://photo-town.jp/topics/12468
担当課
写真の町課(東川町写真の町実行委員会)
連絡先
0166-82-4700(東川町文化ギャラリー)

 

2020年07月13日

7/13~8/31 "HUC加盟店限定"応援企画!!

東川町内での消費を応援する企画第2弾を開始しました!
HUC(フック=東川ユニバーサルカード)を利用してお得にお買い物をしよう!
※今回の対象店舗はHUC加盟店のみです。ご注意ください。

①HUCレシート集遊
②ポイント5倍・10倍DAY
③SNSアップでポイントプレゼント
④10,000円チャージで1,000円分の電子マネープレゼント
⑤HUC新規発行手数料無料

詳しくは東川町ホームページ内・新型コロナ特設ページ(下記リンク)をご覧ください。
参考URL
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/special/coronavirus2/#anchor15
担当課
産業振興課、東川町商工会
連絡先
0166-82-2111、0166-82-2750

 

2020年07月13日

東川町史第3巻 第6章を公開しました

8月15日に公開した「東川町史第3巻 第1編 第1章」から続く「第6章」を公開しました。
このページからダウンロードできるほか、東川町ホームページの下記特設ページよりご覧いただけます。

※第3巻は、町外の方も含めたより多くのみなさまに読んでいただくため、東川町のホームページで公開しています。
インターネットを利用できない方向けには、印刷した冊子を町内の公共施設にご用意しています。
参考URL
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/special/town-history/
ダウンロード
town-history-vol3-6.pdf
担当課
企画総務課
連絡先
0166-82-2111

 

2020年07月11日

写真展のお知らせー写真甲子園歴代本戦大会出場校作品展「リターンズ!いぬ派ねこ派 展」

チラシ案リターンズver..jpg
写真甲子園歴代本戦大会出場校作品展「リターンズ!いぬ派ねこ派 展」

会期 2020年7月18日~8月10日
時間 9時~19時
会場 mont-bell大雪ひがしかわ店2階サロン(東川町東町1−2−2)

前回、惜しくも2日間のみの展示となってしまった
「いぬ派ねこ派展」がこの夏、帰ってきました!
「あなたは、いぬ派?それともねこ派?」
これまで写真甲子園本戦大会で撮影された作品の中から、
犬と猫の写真を集めて展示します。
かわいい姿に癒されてください。

--------------

【お願い】
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お客様に館内でのご観覧について、下記の通りお願いをいたします。
・発熱や体調不良などの症状のある方は入店をお控えください。
・入店時、入口での手指の消毒をお願いします。
参考URL
https://photo-town.jp/topics/12462
担当課
写真の町課(東川町文化ギャラリー)
連絡先
0166-82-4700

 

2020年07月09日

7/10(金)放送の「ヒルナンデス!」に東川町が紹介されます!

7/10(金)放送の日本テレビの番組「ヒルナンデス!」で東川町が全国放送されます!

放送日:7月10日(金)
放送時間:11:55〜13:55の間です

東川町のお店など、見どころが紹介されます!
案内役として、東川町の地域おこし協力隊、
高木さんが出演します!

番組の情報は下記をご覧ください。
https://www.ntv.co.jp/hirunan/

みなさまぜひご覧ください!!
参考URL
https://www.ntv.co.jp/hirunan/
担当課
東川スタイル課
連絡先
0166-82-2111(内線700.701)

 

2020年07月06日

入湯税改定のお知らせ(令和3年1月1日~)

令和3年1月1日より旭岳温泉及び天人峡温泉の入湯税が改定となります。

入湯税は鉱泉浴場での入湯行為に対して課され、入浴客の皆様に納めていただく税金で、
環境衛生施設、鉱泉源の維持管理、消防施設や観光振興などの財源として活用されています。

令和3年1月1日からご利用のお客様につきましては改定後の入湯税となります。
ご利用のお客様には、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

※新型コロナウィルス感染症対策として、鉱泉を保全し衛生環境面の充実を図るため、
令和3年1月1日~令和7年12月31日までの5年間に限り税率の引き上げをさせていただきます。

〖一般のお客様〗
                  (前)    (改定後)
   お泊り(1泊につき)お一人様 150円  →  250円
   日 帰 り      お一人様 100円  →  150円

〖修学旅行の学生・生徒様(10人以上の団体)〗
                  (前)    (改定後)
   お泊り(1泊につき)お一人様  75円  →  125円
   日 帰 り      お一人様  50円  →   75円

※12歳以下の方や修学旅行の中学生は課税免除となります。
ダウンロード
入湯税改定のお知らせ(R3.1.1~).pdf
担当課
税務定住課 課税室
連絡先
0166-82-2111(123・124)

 

2020年07月02日

写真展のお知らせ「スポーツ”時を超えて” −北海道出身スポーツ写真家 岸本健−」

【完成】岸本健写真展チラシ.jpg
会期 2020年7月8日~8月25日
時間 10時~17時 月曜日休館
会場 東川町複合交流施設 せんとぴゅあⅠ ギャラリー2(東川町北町1−1−1)

初のアジア開催となった1964年東京オリンピックを撮影した岸本健。
その後2018年の平昌冬季大会まで連続して28大会を取材し続けています。
写真展では東京オリンピック1964大会の風景から、2020大会で活躍が期待される選手、
北海道出身のオリンピックメダリストなど約40点を展示いたします。
60年に渡るスポーツを追いかける旅の記録をお楽しみください。




【お願い】
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご入館のお客様に館内でのご観覧について、下記の通りお願いをいたします。
・発熱や体調不良などの症状のある方は入館をお控えください。
・せんとぴゅあⅠ入館時、入口での手指の消毒をお願いします。
参考URL
https://photo-town.jp/topics/12453
担当課
写真の町課(東川町文化ギャラリー)
連絡先
0166-82-4700

 

2020年07月01日

令和3年度上川管内町村等職員(東川町)採用試験を行います

令和3年度東川町職員(一般行政職・保育教諭・保健師)について採用試験を行います。次の要領で実施されますので、応募される方は内容を確認のうえ、東川町役場企画総務課までお申込みください。

○募集職種、募集人員、試験区分
①一般行政職 若干名 (高校卒・大学卒)
②保育士   若干名 (高校卒・大学卒)
③保健師   1名  (高校卒・大学卒)

○ 受験資格
①一般行政職
 高校卒 平成10年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた方で、高等学校卒業程度の学力を有する方
     専門学校及び短大を平成29年から令和2年までに卒業された方、又は令和3年3月に卒業見込みの方
 大学卒 平成29年から令和2年までに卒業された方、又は令和3年3月に卒業見込みの方 

②保育教諭(保育士と幼稚園教諭両方の有資格者又は令和3年4月までに取得見込みの方)
 高校卒 平成10年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた方で、高等学校卒業程度の学力を有する方
     専門学校及び短大を平成29年から令和2年までに卒業された方、又は令和3年3月に卒業見込みの方
 大学卒 平成29年から令和2年までに卒業された方、又は令和3年3月に卒業見込みの方
 
○ 受付期間  令和2年7月1日(水)から8月7日(金)までとし、郵送による申込の場合は令和2年8月7日(金)までの消印有効があるものに限り受付可能。

○ 試験日   令和2年9月20日(日)

○ 試験会場  北海道旭川商業高等学校(旭川市曙3条3丁目)

○ 申込書の配布 上川町村会事務局、上川管内各町村役場で配布しています。郵便による請求の場合は、角2封筒(240mm×332mm)のおもてに「町村等職員採用資格試験申込書請求」と朱書きし、140円分の切手を貼った返信用の角2封筒を同封して請求願います。

○ 申込先・お問い合わせ
  企画総務課総務室☎82-2111
担当課
企画総務課 総務室
連絡先
0166-82-2111

 

2020年07月01日

「親子パクパクチケット」の使用期間延長のお知らせ

 学校等の一斉休校で外出自粛を余儀なくされた親子向けに、6月30日までご利用いただける「親子パクパクチケット」(1人あたり500円券×6枚=3,000円分)を配布させていただいておりましたが、より多くの方に町内のお店をご利用いただくために、使用期間を8月31日(月)まで延長することといたしました。

 チケットの表記に関わらず、8月31日(月)までご利用いただくことができます。

 まだお手元に使用していないチケットをお持ちの方は、お早めにご利用ください。

■使用期間  
 (変更前) 4月29日(水)から6月30日(火)
⇒(変更後) 4月29日(水)から8月31日(月)
担当課
東川町教育委員会生涯学習推進課
連絡先
0166-82-2111(内585,586)

 

2020年07月01日

町立東川日本語学校の教員要件に関する報道について

 6月24日(水)の新聞報道で「町立東川日本語学校において、教員要件を満たしていない「教員」7人が授業を行っていた」との記事が掲載され、他の報道各社においても翌日以降同様の報道があった件につきまして、町民各位、本校の留学生を始め、日本語学校を応援していただいています多くの皆様方に、多大なるご心配をおかけしましたことに対し、心よりお詫び申し上げます。

 東川町では、写真の町条例にもありますように、「国際的な交流と写真文化を通じ、世界に開かれた自然と文化の調和する活力と潤いに満ちた町づくり」を進めようと2009年から<日本語・日本文化研修事業>(*)をスタートさせ、5年後の2015年10月に法務省令に基づく日本語教育機関告示校として「町立東川日本語学校」を正式に開校いたしました。

 開校後一貫して、日本語や日本の文化を学ぼうとする留学生の将来の夢を実現するため、充実した日本語教育を提供できるよう、学校長を中心に教職員一丸となって真摯に学校運営に取組んでまいりました。また、学校での日本語授業のみならず、地域の子どもからお年寄りまで様々な方々にもご協力をいただき、会話機会の充実や、日本文化、生活習慣などを体験する機会の提供に努め、町挙げて留学生の支援を進めてきたところです。

 今回ご指摘のあった内容は、出入国在留管理庁が示す「日本語教育機関の告示基準」による教員要件を満たしていない者が授業を行っていた、というものです。
 この告示基準では、生徒の定員20人につき1人以上の要件を満たす教員を配置すべきことが謳われています。本校の定員は現在100名でありますので、この告示基準によると5名以上の教員が必要となるところ、現在16名の教員により学校運営を進めています。(基準の3倍以上の教員を確保し、基準を満たし運営を行っています。)
 さらに、緻密で丁寧な指導を行うため、学生の日本語能力に応じて5つのクラスを設け(初級・中級・上級などのレベル分けを行い)授業を行い、1クラス3名(教員及び補完的講師)体制で各クラスを担当し、担任を中心に1つのチームとして、学力向上や日常生活、卒業後の進路相談など、学生に寄り添った指導ができるよう教育の充実を図ってきました。

 しかしながら、この3名の中に、教員のほか教員要件を満たさない補完的講師1名~2名が含まれており、この補完的講師が単独で授業を行った事実があり、告示基準を逸脱してしまい指摘を受けたものです。
 「留学生の学力向上を図るために」という思いでこのような体制で進めてきたことが、告示基準を逸脱した運用となってしまったことに対し、その認識が甘かったものと深く反省しているところです。学校としては、早急に告示基準に沿った体制へ見直しを行い、7月1日からは、各クラスとも要件を満たした教員2名が担当する体制に改めるとともに、今後、要件を満たしていない講師については、修業時間の枠外において活躍いただくよう改善をいたします。

 また、最初の報道があった24日午後には、報道機関向けに緊急の記者会見を行い、これらの経過と今後の対応について発表をさせていただき、翌25日に町議会への報告を行い、25日、26日には監督官庁である出入国在留管理庁の本庁及び札幌管理局に出向き、報道のあった内容についての状況と改善策について説明を行ってきました。
 出入国在留管理庁からは、これまでの実態がどのようになっていたのかを把握するため必要な書類の提出を求められており、その書類内容を確認調査した上で、今後の学校運営について指導・助言等を受けることとなるものと考えています。(6月26日時点)

 今回の件により、多くの皆様に大変なご心配とご迷惑をおかけしましたことに対し、お詫びを申し上げますと共に、今後、監督官庁等のご指導をいただきながら適切な学校運営に心がけ、大きな夢や希望をもって学ぶ留学生にとって素晴らしい教育プログラムが提供できるよう心がけたいと考えております。今後ともご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


(*)短期コースと呼んでいますが、3か月未満の(観光ビザにより来町)コースで、日本語の勉強のほか、日本文化(書道・茶道など)の体験や北海道・東川町の魅力を体験するプログラムを組み、6か月又は1年の長期コース(正式な日本語学校)へ参加してもらうための招致事業の一環として実施しています。
ダウンロード
日本語学校のイメージ 7月以降.pdf
担当課
企画総務課
連絡先
0166-82-2111
  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ