トピックス

 

2020年03月23日

東川町史第3巻 コーヒーブレークを公開しました

今月は、より親しみやすく「東川人口ものがたり」をお送りします。
このページからダウンロードできるほか、東川町ホームページの下記特設ページよりご覧いただけます。

※第3巻は、町外の方も含めたより多くのみなさまに読んでいただくため、東川町のホームページで公開しています。
インターネットを利用できない方向けには、印刷した冊子を町内の公共施設にご用意しています。

 

2020年03月18日

上海から義援金、ともに頑張ろうと温かなエール

東川あて_漢文のみ.jpg
 3月16日、中国上海孚真堂チャリティーチーム(有志団体)から、東川町と北海道に50万円ずつ、計100万円の義援金と、漢詩を添えた心のこもったお手紙をいただきました。同日、松岡町長から上川総合振興局の佐藤卓也局長に北海道あての手紙を手渡しました。
 本有志団体の中心は丁趙さん、毛翔宇さんら3人。昨年8月にも3家族で東川町に滞在した「東川ファン」です。ピアニストの毛さんは、2014(平成26年)に地域交流センターでコンサートも行っています。今回は、3人と親交のある神戸市在住の日本人ボランティアの方の仲介もあったほか、中国銀行の特別の配慮のもと国際送金されました。
松岡町長は「新型コロナウイルス関係で皆が沈んでいる中、明るい気持ちになれるニュース。人と人の輪を感じられた。元気を出して、早く終息するよう願いたい」と感謝を表しました。
町ではこの義援金を同ウイルスの対策費用や、中国との交流事業などの未来に向かう活動に充てる考えです。


●お手紙の日本語訳を要約●

上海と北海道の繋がり
友情が開花の桜のように
春にどこを夢見るか
目を閉じると、東川の夢を見る
中国と日本、手と手を繋げ
浩然の気が大地に溢れ、
必ず邪気に勝る

中国は新型コロナウイルス感染症が最も激しく、防護物資が不足している時期に、日本のみなさまに雪中に炭を送るように医療用マスクなどを寄付していただき、感謝しております。中国ではようやく終息に向かっている今、日本、特に北海道は厳しい状況にあります。東川町のファンである我々は、小額ながら自ら募金を行い、寄付したいと思います。早期終息を祈りながら、ともに頑張りましょう。
ダウンロード
東川あて_漢文.jpg
担当課
企画総務課
連絡先
0166-82-2111

 

2020年03月17日

3月のイベント等中止・延期について(3/17更新)

新型コロナウイルスへの感染および拡大を防止するため、イベントや講演会などの多くを中止または延期します。
みなさまのご理解をお願いいたします。

※この情報は3月17日(火)13:30現在のものです。
 【中止】【延期】の記載がないものについては、今後の状況により実施の可否を判断します。


【2月に実施予定だったイベント等について】
2月28日(金)
 ・3歳児健診 →延期
 ・コミュニケーション教育講演会(平田オリザ) →延期
2月29日(土)
 ・シニアクラブお楽しみ発表会 →中止
 ・大雪山アーカイブス講演会(佐藤仁親氏) →中止
 ・ドートレトミシー定期コンサートvol.5 →延期


【3月に実施予定だったイベント等について】
添付のPDFをご覧ください。


※ドートレトミシーの「うたごえ喫茶」「定期コンサート」「こどもの歌広場」はWEB生配信を行います。ぜひご自宅でご覧ください。
 詳しくは下記へ!
・ドートレトミシー公式
 (https://dotoretomisi.themedia.jp/)
・ドートレトミシーOfficial Channel
 (https://www.youtube.com/user/corocorokyo/)
・ドートレトミシー LINE LIVE
 (https://live.line.me/channels/4699438)
ダウンロード
3月号P24インフォ差替0317_1330.pdf
担当課
企画総務課
連絡先
0166-82-2111

 

2020年03月16日

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者向け支援策について

東川町では、新型コロナウイルス関連肺炎の流行により経営に影響を受けている中小企業者の皆様の経営安定を図るため、
令和2年3月16日より利子及び保証料を全額補給する「新型コロナウイルス緊急対応支援事業」を開始します。
詳しくは添付ファイルをご確認ください。

また、経済産業省が作成している支援策のパンフレットについても併せてご案内いたします。

 

2020年03月10日

森林環境譲与税の活用に向けた基本方針について

平成31年4月1日に施行された「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」に基づき、令和元年度から森林環境譲与税が国から譲与されることとなりました。この森林環境譲与税を計画的かつ効率的に活用するため、当面5年間の基本方針を策定しましたので、次のとおり公表いたします。
ダウンロード
森林環境譲与税の活用に向けた基本方針(R2).pdf
ダウンロード
森林環境譲与税の活用に向けた基本方針の検討(R2).pdf
担当課
産業振興課 林業環境振興室
連絡先
0166-82-2111(内線133)

 

2020年03月05日

【北海道より】今週末(3/7~8)について(新型コロナウイルス関係)

本日、新型コロナウイルス感染症について、鈴木知事より道民のみなさまへのお願いがありました。

・今週末(3月7日(土)・8日(日))の外出は、できるだけ控えてください。
・自身や家族の体調を確認してください。
・大勢が集まったり、風通しの悪い場所には行かないようにしましょう。
・感染リスク(※)を確認してください。
(※)散歩やジョギングなど、風通しの良い屋外で、人が集まらない場合は感染リスクは低いとされています。

みなさまにはご不便をおかけしますが、感染拡大を防止するたため、ご協力をお願いいたします。
参考URL
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/singatakoronahaien.htm
ダウンロード
kinnkyuuzitaisengenn0305.pdf
担当課
企画総務課
連絡先
0166-82-2111

 

2020年03月05日

旭川赤十字病院と連携協定を締結しました

写真①.jpg
 3月4日、東川町と旭川日赤病院は連携協定を締結しました。町にとって医療機関との連携協定締結は初となります。
当日行われた締結式では、牧野憲一旭川赤十字病院院長と松岡市郎東川町長が協定書に署名を行いました。

 協定の内容は、東川町から旭川日赤病院に対するCIR(国際交流員)による通訳支援、旭川日赤病院からは東川町で生活する留学生に対する医療支援となっています。

 東川町にはJETプログラムにより10か国から11名の国際交流員(CIR)が在籍しています。国際交流員は、国際理解活動をはじめ、留学生への対応など本町の国際交流業務に大きな役割を果たしています。一方、旭川赤十字病院は、上川圏域における高度医療機関の一つとして地域医療の中核を担っています。
 近年上川圏域では外国人の診療機会が増加しており、圏域医療における一つの課題となっています。また一方で、東川町では高度医療診療は旭川市の医療機関に頼らざるを得ない状況にあり、地縁を持たない外国人留学生にとって、万が一の際にスムーズに診療を受けることができる体制を整えることが重要な課題となっています。
 このことから、今回本町と旭川赤十字病院が連携し、双方の強みを生かした包括連携を図りそれぞれがもつ課題に対応することで社会貢献につなげるため包括連携協定の締結を行うこととしたものです。

 協定締結により、留学生に安心して東川町を選んでもらえるとともに、CIRの大きな使命である国際貢献にもつながることが期待されます。
担当課
交流促進課
連絡先
0166-74-6801

 

2020年03月02日

東川町議会第1回定例会について

東川町議会の第1回定例会は、3月9日(月)~16日(月)、会期8日間の予定で開会します。

◎本会議日程
▼3月9日(月) 9:30開会
 行政執行方針及び教育行政執行方針・令和2年度の一般会計・2特別会計の予算提案、補正予算、条例など審議予定

▼3月16日(月) 9:30開会
 一般質問、令和2年度予算の審議など予定

新型コロナウイルス感染症の予防・対策にあたり、
傍聴の際は、マスク着用など感染予防にご協力ください。
また、37.5度以上の発熱が確認されたときは、傍聴をご遠慮いただきますようお願いします。
担当課
議会事務局
連絡先
0166-82-2111
  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ