第25回参議院議員通常選挙について

公示日 令和元年7月4日(木) 投票日 令和元年7月21日(日)

選挙区選出議員選挙

比例代表選出議員選挙

 

選挙概要

公示日

令和元年7月4日(木)

投票日

令和元年7月21日(日)

期日前投票
期間

7月5日(金)~7月20日(土)

時間
午前8時30分~午後8時00分
場所
東川町選挙管理委員会事務局(役場1階第1小会議室内)
投票できる人
1. 次の欠格事由がないこと
受刑中及び仮出獄の人、選挙犯罪により刑の執行猶予中の人及び選挙権停止中の人。

2. 日本国民で次の要件をそなえている人
○年齢要件
平成13年7月22日までに生まれた人(投票日当日に満18歳以上の人)

○住所要件

平成31年4月3日までに転入などで東川町に住民票が作成され、引き続き令和元年7月3日現在、東川町の住民基本台帳に登録されている人。

 

投票のできる方、できない方 早見表

 

投票できる

投票
できない

東川町 前所在
市町村

住所変更無し

 

年齢
要件

平成13年7月22日までに生まれた方

 

 

平成13年7月23日以降に生まれた方

   

住所変更有り

住所
要件


平成31年4月3日までに本町において転入届をした方

 

 

平成31年4月4日以降に転入届をした方

   

 

投票の方法

1. 投票日当日、東川町の投票所で投票する場合。
▽以下のものを持参し、入場券に記載されている投票所で投票して下さい。

・投票所入場券

2. 期日前投票期間に東川町選挙管理委員会で期日前投票する場合。
▽以下のものを持参し、東川町選挙管理委員会事務局で投票して下さい。

・投票所入場券(裏面に印刷の宣誓書を事前に御記入ください。)

期日前投票とは

 期日前投票は、投票日当日に仕事や用務がある場合、選挙期日前であっても、選挙期日と同じ手続きにより投票を行うことができる制度です。
期日前投票をされる場合、宣誓書及び投票用紙に自書できる方のみ事前に必要事項を記入し投票所にお越しいただくと、受付でご本人であることが確認できれば投票用紙を交付しますので、ご活用ください。
自書できない方は、何も書かないままそのままお持ちください。選挙管理委員会の職員が記載のお手伝いをいたします。

投票できる人
旅行、病気、入院、出産、出張等の仕事、地域行事の役員、本人又は親族の冠婚葬祭などのために投票日当日に投票所へ行けない人(詳しくは東川町選挙管理委員会に確認してください。)
投票できる日

7月5日(金)~7月20日(土)

投票できる時間
午前8時30分から午後8時まで
投票できる場所
東川町役場1階 第1小会議室
持参するもの
投票所入場券(裏面に印刷の宣誓書を事前に御記入ください)

 

3. 期日前投票期間に、現在の住所地の市区町村選挙管理委員会で不在者投票する場合。
▽以下の書類を添えて、東川町選挙管理委員会に不在者投票用紙等を請求して下さい。

・宣誓書兼請求書(所定の事項を記載する)

不在者投票用紙等の請求は告示日(7月4日)前でもできますので早めに手続きをして下さい。

様式ダウンロード

不在者投票宣誓書兼請求書様式[ PDF ]
【東川町選挙管理委員会以外の選挙管理委員会での不在者投票用】
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

 

郵便等投票について

身体に重度の障害がある人には、「郵便等による不在者投票」の制度があります。

投票できる人

身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証の交付を受けている人で、以下の障害に該当し郵便投票証明書の交付を受けている人。

  1. 両下肢・体幹・移動機能障害:1級若しくは2級
  2. 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害:1級若しくは3級
  3. 免疫・肝臓機能障害:1級から3級
  4. 要介護状態区分が要介護5である者
交付請求期限
令和元年7月17日(水)必着
送付書類
郵便等投票証明書

▽郵便等投票証明書の交付を受けていない場合

  1. 「郵便等投票証明書交付申請書」に選挙人本人が自書し、身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証を添えて東川町選挙管理委員会に申請します。
  2. 「郵便等投票証明書」が交付されます。(有効期限は、交付の日から7年間です。ただし、要介護者については、要介護認定の有効期間の末日まで)  

様式ダウンロード

郵便等投票証明書交付申請様式[ PDF ]  
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

▽郵便等投票証明書の交付を受けている場合

  1. 東川町選挙管理委員会より「投票用紙等の請求書」が送付されます。
  2. 「投票用紙等の請求書」に選挙人本人が自書し、郵便等投票証明書を同封して7月17日(水)(選挙期日4日前)までに東川町選挙管理委員会に到着するよう返送します。
  3. 東川町選挙管理委員会より、自宅など現在する場所に投票用紙等が送付されます。
  4. 投票記載後、投票用紙等を返送します。(郵便等投票証明書の返送は不要です。)

代理記載制度について

 郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、自書できない人があらかじめ代理人(選挙権を有する方)によって投票に関する記載をしてもらうことができる「代理記載制度」があります。

対象となる人

郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、以下に該当し、代理記載をさせることができる選挙人に該当する旨が記載された郵便等投票証明書の交付を受けている人

  1. 身体障害者手帳…上肢または視覚の障害が1級
  2. 戦傷病者手帳…上肢または視覚の障害が特別項症から第2項症
交付請求期限
令和元年7月17日(水)必着
送付書類
代理記載をさせることができる選挙人に該当する旨が記載された郵便等投票証明書

▽郵便等投票証明書の交付を受けていない場合

1. 次の書類に必要事項を記入・添付し、東川町選挙管理委員会に申請します。

2. 代理記載人となるべき者の氏名が記載された郵便等投票証明書が交付されます。

様式ダウンロード

郵便等投票証明書交付申請様式(代理記載用)[ PDF ]
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

代理記載人となるべき者の届出書[ PDF ]
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

同意書及び宣誓書[ PDF ]
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

▽すでに郵便等投票証明書の交付を受け、代理記載の手続きをする場合

1. 次の書類に必要事項を記入・添付し、東川町選挙管理委員会に申請します。

2. 代理記載人となるべき者の氏名が記載された郵便等投票証明書が交付されます。

様式ダウンロード

代理記載対象者に該当する旨の申請書[ PDF ]
※ご自宅で、プリントアウトしたものに記入し請求できます。(鉛筆書き)
ただし、東川町選挙管理委員会に持参するか、郵便による請求に限る。

▽郵便等投票証明書の交付を受けている場合

  1. 東川町選挙管理委員会より「投票用紙等の請求書」が送付されてきます。
  2. 代理記載人は選挙人が指示するとおり「投票用紙等の請求書」に必要事項を記入し、「郵便等投票証明書」を同封して7月17日(水)(選挙期日4日前)までに東川町選挙管理委員会に到着するよう返送します。
  3. 東川町選挙管理委員会より、請求した選挙人に「投票用紙」等が送付されます。
  4. 代理記載人は、自宅などで選挙人が指示するとおり投票用紙に記入し、それを内封筒に入れて封をし、さらに外封筒に入れて封をし、外封筒には投票記載年月日と投票記載場所を記入し、代理記載人が署名します。その後返信用封筒により東川町選挙管理委員会へ返送します。

指定施設での不在者投票について

北海道選挙管理委員会で指定した施設(病院・老人ホーム等)に入院されている方は、その施設おいて、不在者投票をすることができます。

▽投票の方法

  1. 施設の管理者(不在者投票管理者)に、投票用紙の請求をします。
  2. 施設の管理者(不在者投票管理者)が、東川町選挙管理委員会に対して投票用紙等の請求をします。
  3. 選挙管理委員会は、施設の管理者(不在者投票管理者)に対して、投票用紙等を交付します。
  4. 選挙人は、施設の管理者(不在者投票管理者)の管理のもとで投票します。
  5. 施設の管理者(不在者投票管理者)は、投票済みの投票用紙等を東川町選挙管理委員会に送ります。

 

このページを閉じる