東川町とは

東川町 写真

東川町 写真

町の魅力

大雪山の麓にある自然景観豊かで、文化が香る町です。
・美味しい水が豊富にあるため、上水道がなく各戸が天然ミネラル水を利用しています。
・東川町を代表する湧水として、ミネラルが豊富な「大雪旭岳源水」があります。
・旭岳温泉と天人峡温泉の二つの温泉地があります。

町の概要

東川町は、北海道のほぼ中央に位置し、東部は山岳地帯で、大規模な森林地域を形成しています。また、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部になっています。

北海道の峰といわれる大雪山連峰の最高峰旭岳(2,291m)は、東川町域に所在。豊富な森林資源と優れた自然の景観は、観光資源として高く評価されています。大雪山国立公園(面積2,267.64k㎡)は昭和9年(1934)12月4日に指定を受けており、そのうち東川町域は約102.55k㎡となっています。

道北の中核都市旭川市の中心部から13km(車で約15分)、旭川空港から7km(車で約8分)の地点にあります。気候は、上川の内陸盆地に位置するため、四季の移り変わりがはっきりしています。特に旭岳温泉や天人峡温泉では、高山植物の花、新緑の森林、色とりどりの紅葉、ふわふわとした雪景色など、四季折々で最上の景色を作り出しています。

東川町役場
071-1492
北海道上川郡東川町東町1丁目16番1号
TEL:0166-82-2111
FAX:0166-82-3644

人口 8,188人(H28年12月31日現在)
世帯 3,755世帯(H28年12月31日現在)
面積 247.06km2(東西36.1km・南北8.2km)
位置 東経142度54分~142度28分
北緯43度36分~43度45分
町章 昭和9年7月制定
星は北海道をあらわす北斗星で、亀形は「東」、中央の点は「東」の一部と旭岳を、三本線による円は「川」を象徴したものです。北海道の中央に位置し忠別と倉沼の川の恵みを受けながら、雄大な旭岳を望みつつ躍進する。そんな東川の未来に託す思いを表現しています。
町章
町花 エゾムラサキツツジ
日本では北海道だけに植生し、5月上旬から紫色の花をつけ春の訪れを告げます。
エゾムラサキツツジ 写真
町木 かつら
かつらは、水の潤沢な地を好み、主に沢沿いなどに自生します。その足元の沢から水が湧き出るように見えることから「水を呼ぶ木」とも呼ばれており、水が潤沢な東川町の象徴となっています。
かつら 写真
姉妹都市 カナダアルバータ州 キャンモア町
提携年月日 平成元年7月12日
詳しくはこちら

ラトヴィア共和国 ルーイエナ町
提携年月日 平成20年7月17日

アクセス

東川町は、旭川市に隣接しJR旭川駅まで車で約22分、
旭川空港まで車で約13分の距離に位置しています。

さらに詳しい情報は「観光案内」サイトからご確認ください。

飛行機でお越しの方
東 京から1時間35分(羽田空港~旭川空港)
大 阪から1時間40分(関西空港~旭川空港)
名古屋から2時間   (中部国際空港~旭川空港)
⇒旭川空港から東川町まで車で 約13分
JRでお越しの方
札 幌から1時間20分(札幌駅~旭川駅)
新千歳から2時間1分 (新千歳駅~旭川駅)
⇒旭川駅から東川町まで車で 約22分
車でお越しの方
JR旭川駅から約22分
旭川空港から約13分
旭山動物園から約18分
※地図による概測距離を1分666.6m(時速40km)で計算

ページトップへ