ようこそ東川町へ

水の豊かな町

上水道の無い町。

上水道の無い町。

北海道のほぼ中央に位置し、大雪山国立公園の麓にある人口約8,000人の小さな町。そんな東川町は、実は全国的にも珍しい、北海道でも唯一の、上水道の無い町です。

その秘密は、大雪山の大自然が蓄えた雪解け水が、長い年月をかけてゆっくりと地中深くにしみ込み、ゆっくりと東川町へ大切に運ばれてくるからなのです。大自然の恵みを、東川町の住民がおすそ分けしてもらっているわけです。

東川町で暮らす人たちは、生活水として利用しており、天然の美味しい水で育ったお米や野菜は格別です。また、豆腐や味噌など東川町の地下水を惜しみなく使い、本物の味を追求した加工品や、飲食店でも水の恩恵を受けています。

水の豊かな町

「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水

『大雪旭岳源水』は、大雪山の自然が創りあげた銘水として知られ、良質で美味しい地下水に恵まれた東川町の中でも最上級の水です。ミネラルが豊富にバランスよく含まれ、水温も約6~7度と通年を通して一定で、日々こんこんと湧き出ています。(湧出量1分間に約4,600L)
取水は、豪快に湧き出る源泉(木道の約300m先)と源泉から引水している源水岩(駐車場)でくみ取ることができます。いずれも大雪山旭岳の雪解け水が、大自然の天然フィルターを長い年月をかけて浸透し創られた、神秘の水が初めて湧き出る場所です。

成分表

項目 数量
硬度 92.1
カルシウム 21.8mg/l
マグネシウム 9.2mg/l
ナトリウム 13.9mg/l
カリウム 3.9mg/l
サルフェート(珪酸イオン) 42.0mg/l
ph 7.4(弱アルカリ性)
水温 7.3度
湧出量 4,600l/min

【注意】
※飲用の検査は受けていますが、飲用は個人の責任において行って下さい。
※採水日 平成23年2月1日

「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水 画像1
「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水 画像2
「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水 画像3

関連情報

  • ひがしかわ株主制度 あたらしい「ふるさと」を育てよう

    ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)

    あたらしい「ふるさと」を育てよう

    東川町を応援しようとする方が東川町への投資(寄付)によって株主となり、まちづくりに参加する制度です。「ふるさと納税」として税法上の控除を受けることができます。

    詳しくはこちら

  • 東川町に住んでみませんか?

    東川町に住んでみませんか?

    移住に関心がある方を対象に田舎暮らしを体験できる施設です。皆様のご利用をお待ちしています。

    詳しくはこちら

  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ