ようこそ東川町へ

姉妹都市

カナダ アルバータ州 キャンモア町

カナダアルバータ州 キャンモア町
カナダアルバータ州 キャンモア町

カナダのアルバータ州にあるキャンモア町との交流のはじまりは、1986年に遡ります。国際的に開かれた町づくりを目指してカナダを訪問した当時の東川町長に、アルバータ州政府から東川町に似た気候風土・観光資源を有するキャンモア町を紹介されたことが契機となりました。友好親善使節団の派遣等の交流が行われたのち、姉妹提携について合意に至り、1989年7月12日、キャンモア町にて姉妹提携の調印式が行われました。

【提携町名】
キャンモア町(カナダ・アルバータ州)
【提携年月日】
1989年7月12日
【人口】
13,077人(2014年)
【面積】
66.85k㎡

キャンモア町の特徴

キャンモア町は、世界的に有名なバンフ国立公園の東に22km、カルガリー市の西106kmに位置し、ロッキー山脈の裾野に広がる雄大な山岳と森林に囲まれています。その風景は美しく、「スリーシスターズ」と呼ばれる2,000m級の3つの山が町のシンボルになっています。
1988年2月には、カルガリー冬季オリンピックのノルディック競技の会場にもなり、スキー場等のスポーツ施設が整備されています。主な産業は、観光をはじめ、セメント・陶器・木材などを中心とする製造業が盛んです。また高級住宅地として人口も増加しています。

位置:北緯51.900度・西経115.357度
平均最高気温/最低気温:
1月-5.3/-14.9 4月9.0/-2.8
7月22.1/7.4 10月10.1/-1.1
年間降水量:雨28cm・雪240cm

主な交流状況

1989年
姉妹提携に関する盟約書に調印
1990年
親善訪問団(町民18名)がキャンモア町訪問
1991年
交流を記念し、東川町のキトウシ国際スキー場を「キャンモアスキービレッジ」に改称しリニューアルオープン
1992年
中高生(15名)をキャンモア町に派遣
1994年
キャンモア町のボウ川沿いの遊歩道を「ヒガシカワ・フレンドシップ・トレール」と命名
氷土会会員がキャンモアを訪問し氷彫刻の指導を実施
1995年
友好使節団(町民17名・中高生17名)をキャンモア町に派遣
1998年
職員相互派遣事業の実施。(職員各1名派遣)
姉妹提携10周年事業として中高生等19名、町民13名をキャンモア町に派遣
2000年
キャンモア町から12名の訪問団を受け入れ、インザピンクのコンサートを実施
2001年
中高生等18名をキャンモア町に派遣
2004年
キャンモア町の高校生等5名を東川町に招聘し、東川町内の学校で交流を実施
2005年
松岡町長・石上議長他4名がキャンモア町に親善訪問
2006年
岡本久氏とパム・ドイル氏の写真展を東川町文化ギャラリーで開催
2007年
陶芸家であり彫刻家でもあるトニー・ブルーム氏一家(キャンモア在住)が来町し、町民と交流
2008年
東川第三小学校(高学年)とキャンモア町小学校の児童がインターネットを活用したWeb会議を開催
2009年
姉妹提携20周年を記念し、英語教育指導員を招聘
2010年
中高生等12名をキャンモア町に派遣
姉妹都市交流、観光行政の連携推進のため、職員3名と議員1名をキャンモア町に派遣
2011年
語学研修のため職員1名を6ヶ月キャンモア町に派遣
2015年
キャンモア高校の生徒3名と教員1名が第1回高校生国際写真フェスティバルに参加
東川高校の生徒2名をキャンモア町に派遣
北海道・アルバータ州姉妹都市提携35周年記念姉妹都市会議及びキャンモア町行政視察
(東川町より林教育長、大澤副議長など一行7名が訪問)

ラトヴィア共和国 ルーイエナ州 ルーイエナ町

ラトヴィア共和国 ルーイエナ州 ルーイエナ町
ラトヴィア共和国 ルーイエナ州 ルーイエナ町

ラトビア共和国との交流は、1993年に町民から小・中学校の教科書や辞書、絵本などの日本語の教材になるものを集め、首都リガの『日本語夜間学校』に贈ったことからはじまりました。その後民間交流が続き、2008年7月17日東川町にて姉妹提携の調印式が行われました。

【提携町名】
ルーイエナ町(ラトビア)
【提携年月日】
2008年7月17日
【人口】
3,185人(2014年)
【面積】
7.8k㎡

ルーイエナ町の特徴

ルーイエナ町の特徴

ルーイエナ町は、ラトビアの一番北に位置しており、首都のリガからは150kmのところにある町です。他の地域と比較してラトビア人が多いのが特徴です。(人口の95%がラトビア人)『ルーイエナ』という名前は、町を流れるルーヤ川が由来とされており、ルーヤ川はエストニア語のルヒ(丸木舟)からきたと言われています。
1997年から町全体が北ヴィゼメ生物圏保護区に指定され、美しい自然や風景を守りながら社会的・経済的発展を進めています。
主な産業は農業ですが、ルーイエナにある焼き菓子工房「Liepkalni」と、アイスクリーム会社「Rujienas saldejums」はラトビア国内でとても有名です。

主な交流状況

2007年
交流検討委員会を経てルーイエナを訪問
2008年
グンティス町長ほかルーイエナ町訪問団24名が来町し、姉妹都市提携に関する盟約書に調印
2009年
訪問団(35名)がルーイエナ町を訪問
2010年
ウナ・ヴォルコヴァ(ラトビア人)が国際交流員として東川に赴任
東川ールーイエナ姉妹都市交流写真展開催
福祉のまちづくり北欧視察として町長、議長ら4名がルーイエナ町を訪問
2011年
ルーイエナ町訪問団14名が来町し、日本語研修や日本文化を体験
旭川市国際交流センターオープニングイベント(フィール旭川)でラトビア共和国を紹介
保育教育関係職員(6名)がルーイエナ町を訪問
2012年
在日本ラトビア国ヴァイヴァルス大使がSEA TO SUMMITに参加
合宿の里づくり、エコエネルギーに関する欧州視察団(20名)がルーイエナを訪問
ルーイエナ町高校生2名が来町し、日本語研修や日本文化を体験
東川高校生2名をルーイエナ町に派遣
2013年
ルーイエナ町高校生4名が来町し、日本語研修や日本文化を体験
ルーイエナ町訪問団20名が来町し、姉妹提携5周年記念事業を実施
ラトビアの民話集及び絵本「ラトビアのおはなし」を発刊
東川高校及び東川町在住の高校生4名をルーイエナ町に派遣
2014年
ルーイエナ町高校生4名が来町し、日本語研修や日本文化を体験
訪問団(23名)がルーイエナ町を訪問
クリスタ・ボグダノヴァ(ラトビア人)が国際交流員として東川に赴任
東川高校及び東川町在住の高校生4名をルーイエナ町に派遣
ラトビア絵本「もりはいいところ」を発刊
2015年
ルーイエナ高校の生徒3名と教員1名が第1回高校生国際交流写真フェスティバルに参加
ルーイエナ町の高校生4名が来町し、日本語研修や日本文化を体験
東川高校及び東川在住の高校生5名をルーイエナ町に派遣
ラトビア絵本「鹿姫ものがたり」を発刊

文化交流提携都市大韓民国 江原道 寧越郡

文化交流提携都市 大韓民国 江原道 寧越郡
文化交流提携都市 大韓民国 江原道 寧越郡

寧越郡は、2018年冬季オリンピック開催予定地「平昌」の近くに位置し、景勝地が多く、各種の博物館があり、東江写真フェスティバルも開催されています。写真の町・郡をきっかけに2008年より交流が始まり、以来、子供から大人まで様々な交流が持たれています。2010年11月には文化交流協定が締結されました。

【郡名】
寧越郡(大韓民国)
【協定年月日】
2010年11月4日
【人口】
40,150人(2014年)
【面積】
1,127.62k㎡

寧越郡の特徴

寧越郡の特徴

伝統と自然が息づくは寧越郡は、韓国の中部に位置しており、首都であるソウルより約169.1kmの距離にあります。
人口4万人の小さな都市ですが、自然資源を中心に発展を遂げています。
またユネスコ世界文化遺産に登録された荘陵(チャンルン)など数多くの歴史遺産があり、東江(川)が流れる美しさが特徴です。主な産業は観光で、韓国唯一の「屋根無き博物館の町」特区に指定(博物館24か所)されており、国内外から年間250万人の観光客が訪れております。

主な交流状況

1995年7月
第11回東川賞海外作家賞 大韓民国 金 秀男(キム スーナム)氏受賞。この年のゲストとして来町した金升坤(キム スンコン)氏(日大卒、順天堂大教授などを歴任、1995、2005ゲスト)が中心となって東川町国際写真フェスティバルを参考に韓国でも写真祭を計画
2001年9月
寧越郡が韓国初の<写真の郡>を宣言し、翌年から「東江写真フェスティバル」を開催
2008年6月
寧越郡 東江写真博物館 ジョン・スンウ学芸員ほか2名が来町
2009年8月
東川町より浜辺議員、長原副町長など一行10名が水原市、寧越郡を訪問
2009年11月
寧越郡副郡守、議長など一行5名が東川町に来町
2010年8月
寧越郡副郡守ほか一行5名が東川町に来町
2010年11月
文化交流協定を締結
2011年10月
東川町より松岡町長、浜辺議長など一行6名が寧越郡を訪問
2012年5月
東川町より韓国交流協会員含む25名が寧越郡を訪問
2012年8月
寧越郡サッカー少年団員20名を招聘し、交流試合を行う
2013年8月
東川町サッカー少年団員14名を派遣し、交流試合を行う
2015年
寧越郡・ソッジョン女子高校の生徒3名と教員1名が第1回高校生国際写真フェスティバルに参加
寧越郡サッカー少年団員18名を招聘し、交流試合を行う
2015寧越国際博物館フォーラムに松岡町長他2名が出席

関連情報

  • ひがしかわ株主制度 あたらしい「ふるさと」を育てよう

    ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)

    あたらしい「ふるさと」を育てよう

    東川町を応援しようとする方が東川町への投資(寄付)によって株主となり、まちづくりに参加する制度です。「ふるさと納税」として税法上の控除を受けることができます。

    詳しくはこちら

  • 東川町に住んでみませんか?

    東川町に住んでみませんか?

    移住に関心がある方を対象に田舎暮らしを体験できる施設です。皆様のご利用をお待ちしています。

    詳しくはこちら

  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ