ようこそ東川町へ

町の概要

美しい大地に、
美しく生きる。

東川町は、北海道のほぼ中央に位置し、東部は山岳地帯で、大規模な森林地域を形成しています。また、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部になっています。

北海道の峰といわれる大雪山連峰の最高峰旭岳(2,291m)は、東川町域に所在。豊富な森林資源と優れた自然の景観は、観光資源として高く評価されています。大雪山国立公園(面積2,267.64k㎡)は昭和9年(1934)12月4日に指定を受けており、そのうち東川町域は約102.55k㎡となっています。

美しい大地に、美しく生きる。

北海道でも唯一の、上水道の無い町です。

北海道でも唯一の、上水道の無い町です。

「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水

東川町ではすべての町民が地下水で生活しております(北海道唯一)。この地下水は北海道の屋根「大雪山連邦」の最高峰「旭岳」の雪融け水が大地にしみ込み長い年月をかけて流れだしたものであります。町民はこの大雪の恵「地下水」に感謝しながら生活しています。

水の豊かな町

データで見る東川町

  • 人口
    人口

    8,188

    (H28年12月31日現在)

  • 世帯数
    世帯数

    3,755世帯

    (H28年12月31日現在)

  • 面積
    面積

    247.06km2

    (東西36.1km・南北8.2km)

  • 位置
    位置

    東経142度54分~142度28分
    北緯43度36分~43度45分

町章

町章

昭和9年7月制定
星は北海道をあらわす北斗星で、亀形は「東」、中央の点は「東」の一部と旭岳を、三本線による円は「川」を象徴したものです。北海道の中央に位置し忠別と倉沼の川の恵みを受けながら、雄大な旭岳を望みつつ躍進する。そんな東川の未来に託す思いを表現しています。

  • 町花

    エゾムラサキツツジ

    エゾムラサキツツジ

    日本では北海道だけに植生し、5月上旬から紫色の花をつけ春の訪れを告げます。

  • 町木

    かつら

    かつら

    かつらは、水の潤沢な地を好み、主に沢沿いなどに自生します。その足元の沢から水が湧き出るように見えることから「水を呼ぶ木」とも呼ばれており、水が潤沢な東川町の象徴となっています。

  • 姉妹都市

    カナダアルバータ州 キャンモア町

    カナダアルバータ州 キャンモア町

    提携年月日:平成元年7月12日

    詳しくはこちら

    ラトヴィア共和国 ルーイエナ町

    ラトヴィア共和国 ルーイエナ町

    提携年月日:平成20年7月17日

    詳しくはこちら

  • 文化交流提携都市

    大韓民国 寧越郡

    大韓民国 寧越郡

    提携年月日:平成22年11月4日

    詳しくはこちら

関連情報

  • ひがしかわ株主制度 あたらしい「ふるさと」を育てよう

    ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)

    あたらしい「ふるさと」を育てよう

    東川町を応援しようとする方が東川町への投資(寄付)によって株主となり、まちづくりに参加する制度です。「ふるさと納税」として税法上の控除を受けることができます。

    詳しくはこちら

  • 東川町に住んでみませんか?

    東川町に住んでみませんか?

    移住に関心がある方を対象に田舎暮らしを体験できる施設です。皆様のご利用をお待ちしています。

    詳しくはこちら

  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ