ようこそ東川町へ

産業

自然の中で育む産業

農業

北海道の真ん中・大雪山国立公園の麓に広がる道内随一の米どころが東川町です。冷涼な気候、大雪山の清流、肥沃な土壌を活かし、お米だけではなく高原野菜や花々など優れた農産品を生産しています。残雪の大雪山系を背景に、ピンクの芝桜があぜ道を彩るのどかな田園地帯。四季折々に色づく花々、やさしく香るハーブ…。安らぎと潤いのある風景がここ東川にはあります。

JA東川サイトへ

商業

東川町の中心市街地には、大雪山国立公園に向かって建ち並ぶ店先にはオリジナルの木彫看板がかけられ、それぞれの店の特徴を表現した木彫看板は、町のぬくもりを感じさせます。水の美味しい東川町ならではの美味しいお店、おしゃれなお店が数多くあり、米どころとして、東川産米で作られたシフォンケーキやパン、美味しい水にこだわった手づくりの味噌や豆腐なども人気で、市街地の各施設にもなっている道の駅ひがしかわ「道草館」でも販売しています。

工業

東川町は木工業が盛んな町で、多くの家具職人が集い、その匠達が技を競い芸術性の高い家具を作り続け、全国的に名高い旭川家具の生産全体に占める約30%が東川町で生産されています。また、大雪山を望む美しい風景に惹かれ、木工クラフトや陶芸などを創作する方々が東川町に移住しアトリエや喫茶店を設けています。木工のまち、東川では、美しい山並みと田園風景の中で、芸術の風に吹かれながらゆっくりと時間が流れています。

観光

東川町は、今もなお原始の姿をとどめている日本最大の山岳国立公園、大雪山国立公園の入口の町でもあります。一面に咲き乱れる高山植物、燃えるように鮮やかな紅葉、ふわふわの雪が一面を覆う銀世界。季節ごとに姿を変える美しい大自然は必ずや訪れる人々を魅了します。東川町は、北海道最高峰にして大雪山連邦の主峰「旭岳」(標高2,291m)と北海道一の落差誇る「羽衣の滝」(落差270m)を有し、旭岳の中腹の原生林に囲まれた旭岳温泉と、その裾野の渓谷に湧く天人峡温泉の二つの温泉地が疲れた身体を癒し、明日への元気を分けてくれます。

関連情報

  • LIVE CAMERAS 写真の町東川町の今

    LIVE CAMERAS

    写真の町東川町の今

    「写真の町」ならでは、一眼レフカメラで撮影した、東川町の市街地や旭岳のライブ画像を1時間おきにアップデートしております。

    詳しくはこちら

  • ひがしかわ株主制度 あたらしい「ふるさと」を育てよう

    ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)

    あたらしい「ふるさと」を育てよう

    東川町を応援しようとする方が東川町への投資(寄付)によって株主となり、まちづくりに参加する制度です。「ふるさと納税」として税法上の控除を受けることができます。

    詳しくはこちら

  • 東川町に住んでみませんか?

    東川町に住んでみませんか?

    移住に関心がある方を対象に田舎暮らしを体験できる施設です。皆様のご利用をお待ちしています。

    詳しくはこちら

  • 米缶ほしのゆめ

    米缶ほしのゆめ

    米缶は、東川町が生んだユニークなヒット商品で、お土産や記念に多くの方に利用いただいています。

    詳しくはこちら

  • オフィシャル観光案内サイト ようこそ東川
  • 宅地分譲
  • キトウシ森林公園 家族旅行村

ページTOPへ